【宮崎市】脳性麻痺による下肢機能障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者

相談者:男性(50代)/会社員

居住地:宮崎市

傷病名:脳性麻痺による下肢機能障害

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約259万(年間受給額:約100万、遡及額:なし)

相談時の相談者様の状況

相談者様は生まれつきの脳性麻痺により、現在では右下肢が左下肢に比べて約10㎝短く、幼少時から足を引きずりながら歩いていらっしゃったとのことです。しかし、ご両親の方針で障害者手帳を申請することもなく、母親と一緒に何回も繰り返し歩行練習をすることで、走れはしないものの、何とか転ばずに歩けるような歩行方法を身に付けたとのお話でした。

その後、就職したものの、長時間歩くことができなかったり、重い物を持って移動することが難しかったりと、労働にも何かと制限を感じるようになり、また、ここ数年は長年の無理な歩行方法から股関節に負担がかかり変形してしまいバランスが悪くなり、よく転倒するようになったとのことで、障害者手帳の申請を機に障害年金の請求も考え、当センターにご相談にお見えになりました。

相談から請求までのサポート

生まれつきの脳性麻痺ということで、保険料の納付要件に関しては問題なかったのですが、ご両親の教育方針により、下肢の機能障害では受診歴がないこと、成人後も相談者様本人が「治療法がないから」ということで殆ど下肢の機能障害では病院を受診されたことがなかったため、初診日の証明や診断書の取得等が難しいケースでした。

しかし幸いにも約35年前のカルテが残っていた他、転倒して骨折をした際に偶然受診した病院の医師に診断書を作成してもらうことができ、申請にこぎつけることができました。

結果

裁定請求から約3か月で障害基礎年金2級の受給が決定し、次回の更新月までに約259万円の受給が決定しました。

初診日が50年以上前でカルテ等が残っていなかったり、「治療法がないから」等の理由でほとんど医療機関を受診したことがないという方も、障害年金がもらえる場合がありますので、あきらめずにご相談ください。

受給事例の最新記事

脳疾患・心疾患の最新記事

障害年金無料相談受付中! 0985-83-0133 営業時間:平日 9:00〜19:00 土応相談 無料相談会予約受付中
無料相談会ご予約受付中! 0985-83-0133 営業時間:平日 9:00  19:00 土応相談 無料相談会ではこんな事をお伝えしています! ・障害年金をもらえるかどうか? ・もらえるとしたらいくらもらえるか? ・申請の方法やポイントなど… 詳しくはこちらをクリック