【宮崎市】注意障害(注意欠陥多動障害の不注意型)で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者

相談者:男性(20代)/会社員

居住地:宮崎市

傷病名:注意障害(注意欠陥多動障害の不注意型)

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約141万(年間受給額:約58万、遡及額:0円)

相談時の相談者様の状況

相談者様は何とか高校を卒業後して就職したものの、職場でミスを繰返すため長続きせずに職を転々とし、現在の職場でも仕事でのミスを繰返すために、職場の上司から「病気ではないのか」との指摘を受け、精神科を受診されていました。

その後も日常生活においてもしばしば大事なことを忘れ、人間関係も悪くなるなど、今後の生活を考えると不安に思われて、当センターの無料相談に来られました。

相談時の第一印象は受け答えもしっかりとしており、一見するとあまり仕事や日常生活に支障をきたしているようには見えませんでしたが、物忘れがひどいことを強調しておられました。

相談から請求までのサポート

相談者様は当初、物忘れがひどいことを強調しておられましたが、より詳しく話を聴いてゆくと、仕事の手順を覚えて、段取りをつけて手際よくこなすことが苦手であり、また複数の人と続けて会話をした場合に、その内容がなかなか頭に入らない等、複数の物事を並行して処理することが難しいという発達障害の特徴の一つが浮かび上がってきました。

そこで診断書を主治医にお願いしたり、申立書を作成する際には、この点を常に念頭に置いて手続を進めるようにしました。

結果

裁定請求から約2か月で障害厚生年金3級の受給が決定し、次回の更新月までに約141万円の受給が決定しました。

相談者様はまだお若い方でしたが、「これで少しは将来の見通しを立てられるようになった」と大変喜ばれていました。

最近は発達障害と診断される方が増えているように思いますが、この傷病は一見すると症状が分かりにくいのが特徴かと思います。

このため、注意深く相談者様の実態を聞き出してゆくことが大切だと改めて感じた事例でした。

受給事例の最新記事

精神疾患(うつ病・統合失調症など)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 0985-83-0133 営業時間:平日 9:00〜19:00 土応相談 無料相談会予約受付中
無料相談会ご予約受付中! 0985-83-0133 営業時間:平日 9:00  19:00 土応相談 無料相談会ではこんな事をお伝えしています! ・障害年金をもらえるかどうか? ・もらえるとしたらいくらもらえるか? ・申請の方法やポイントなど… 詳しくはこちらをクリック