【都城市】統合失調症で併合認定により障害厚生年金1級を受給できたケース

相談者

相談者: 女性 (40代)/ 会社員

傷病名: 統合失調症    

決定した年金種類と等級:障害厚生年金1級

支給月から更新月までの総支給額:約389万(年間受給額:約137万 遡及額:約112万)

 

相談時の相談者様の状況

相談者様は生来の肢体の障害で、既に障害基礎年金2級を受給しておられましたが、人間関係のトラブルを機に不眠に悩まされるようになり、自分の情報が周囲に筒抜けになってしまっている等、段々と妄想や幻聴といった症状が出てきて、入退院を繰り返すようになったとのことでした。

ご相談時には、相談者様ご本人はとても外出出来ない状態であるとのことで、ご家族が面談にお見えになりました。今の状態では、とても働くことはできないし、今後のことを考えると何とか併合判定で等級を上げることはできないだろうか、とのご相談でした。

 

相談から請求までのサポート

診断書の取得や申立書の作成等は主に、ご家族とのやり取りにて進めていきました。相談者様ご本人と直接電話でお話しさせて頂いたりもしましたが、ご本人は基本的には「何もなく普通に暮らしている」といったお話をされるため、ご家族のお話も詳しくお伺いして、整合性を詰めていきながら手続きを進めていきました。

 

結果

裁定請求から約3か月で併合認定により障害厚生年金1級の受給が決定し、次回の更新月までに約389万円の受給が決定しました。

既に障害年金を受給中の方で新たに別の障害が加わった場合には、併合認定により障害等級が上がる場合がありますので、思い当たる方は是非ご相談ください。

 

受給事例の最新記事

精神疾患(うつ病・統合失調症など)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 0985-83-0133 営業時間:平日 9:00〜19:00 土応相談 無料相談会予約受付中
無料相談会ご予約受付中! 0985-83-0133 営業時間:平日 9:00  19:00 土応相談 無料相談会ではこんな事をお伝えしています! ・障害年金をもらえるかどうか? ・もらえるとしたらいくらもらえるか? ・申請の方法やポイントなど… 詳しくはこちらをクリック