網膜色素変性症で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者様について

相談者:女性(40代)/会社員

傷病名:網膜色素変性症    

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約300万(年間受給額:約130万 遡及額:なし )

相談時の相談者様の状況

 夕暮れ時や夜間に目の見えにくさを感じ、ご長男の視力検査のついでに医師に相談したところ「網膜色素変性症」との診断を受けたとのことです。しかし、根本的な治療法はないとのこと、更に遺伝性であり、進行性なので将来的には失明の可能性もあるとの説明にショックを受けられたそうです。
 当時はその現実を受け止めきれずに、子育てと仕事の両立という多忙な日常生活のせいで、段々と病院から足が遠のき、通院を中断してしまったとのことだったのですが、当センターに相談に来られた時には、すでに夜間だけの支障ではなく、昼間も日差しや蛍光灯の眩しさで外出するのがためらわれ、遮光サングラスを使用するまでになっておられました。

相談から請求までのサポート

 相談者様は、今後もできるだけ仕事を続けていきたいという強い希望を持っておられ、しかし、仕事の上でも日常生活の上でも非常に困難な状況を抱えておられました。その旨を申立書には丁寧に記載いたしました。

結果

 裁定請求から約3か月で障害厚生年金2級の受給が決定し、次回の更新月までに約300万円の受給が決定しました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中! 0985-83-0133 営業時間:平日 9:00〜19:00 土応相談 無料相談会予約受付中
無料相談会ご予約受付中! 0985-83-0133 営業時間:平日 9:00  19:00 土応相談 無料相談会ではこんな事をお伝えしています! ・障害年金をもらえるかどうか? ・もらえるとしたらいくらもらえるか? ・申請の方法やポイントなど… 詳しくはこちらをクリック