【宮崎市】左視床出血による肢体の障害で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者様について

相談者:男性(50代)/会社員

居住地:宮崎市

傷病名:左視床出血

決定した年金種類と等級:障害厚生年金3級

支給月から更新月までの総支給額:約276万(年間受給額:約110万 遡及額:なし)

相談時の相談者様の状況

 前兆などは全くなく、夕食中に突然言葉が出なくなり、右半身が痺れて動かなくなったので、急いで救急車を呼び、救急搬送されたとのことでした。 頭部のMRI検査の結果、左視床出血との診断で入院となり、保存的治療とリハビリテーションを受けることになりましたが、担当医師からは今後の回復の可能性は低いとの判断で、相談者様は、僅かに自由が利く左手でパソコンを扱いながら仕事を続けていらっしゃいましたが、言葉の発音もやや不明瞭となっており、日常生活にも多大な支障が出てきているとのことで、何とか経済的な不安だけでも軽くできないだろうかと、ご相談にお見えになりました。

相談から請求までのサポート

 現在は新たな出血を防ぐための薬(降圧剤)をもらうのみの通院となっており、関節可動域及び筋力等の検査はしていないとのことでしたので、新たに検査可能な医療機関を探し出して受診して診断書を作成していただいて、無事請求という形になりました。

結果

 裁定請求から約4か月で障害厚生年金3級の受給が決定し、次回の更新月までに約276万円の受給が決定しました。

受給事例の最新記事

肢体(脳梗塞、リウマチなど)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 0985-83-0133 営業時間:平日 9:00〜19:00 土応相談 無料相談会予約受付中
無料相談会ご予約受付中! 0985-83-0133 営業時間:平日 9:00  19:00 土応相談 無料相談会ではこんな事をお伝えしています! ・障害年金をもらえるかどうか? ・もらえるとしたらいくらもらえるか? ・申請の方法やポイントなど… 詳しくはこちらをクリック