【宮崎市】うつ病・注意欠陥多動性障害で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者様について

相談者:女性(30代)/専業主婦

居住地:宮崎市

傷病名:うつ病、注意欠陥多動性障害    

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:約153万(年間受給額:約 122万 遡及額:なし)

相談時の相談者様の状況

  相談者様は幼い頃より他人とのコミュニケーションをとるのが苦手で、友人も少なく学校に通うのに苦痛を感じておられました。卒業して就職してからも、職場での人間関係に悩み、結婚後に退職したものの、今度は子育てに伴い周囲の人とのコミュニケーションがとれず、思い切ってメンタルクリニックを受診されました。そして、自分の子供が「自閉症スペクトラム」障害との診断をされたことで、もしかしたら自分もそうなのではないかと、主治医に相談したところ、「注意欠陥多動性障害」と診断されました。
現在は「うつ病」も併発されていて、家事等は家族に手伝ってもらいながら何とかこなしているものの、調子の悪い時は食事も摂れずに横になっている状態で、なかなか外出も出来ずに、これからの生活に不安を感じて相談に来られました。

相談から請求までのサポート

 「注意欠陥多動性障害」とのことで、相談者様へのヒアリングを重ねながら、幼少期からの出来事等を詳しく申立書に書き込みました。

結果

 裁定請求から約3か月で障害基礎年金2級の受給が決定し、次回の更新月までに約153万円の受給が決定しました。

受給事例の最新記事

精神疾患(うつ病・統合失調症など)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 0985-83-0133 営業時間:平日 9:00〜19:00 土応相談 無料相談会予約受付中
無料相談会ご予約受付中! 0985-83-0133 営業時間:平日 9:00  19:00 土応相談 無料相談会ではこんな事をお伝えしています! ・障害年金をもらえるかどうか? ・もらえるとしたらいくらもらえるか? ・申請の方法やポイントなど… 詳しくはこちらをクリック